グリーン早稲田岡山稲門会 会則

第1章 総  則

(名 称)

第1条 本会の名称は、グリーン早稲田岡山稲門会と称する。

(目 的)

第2条 本会は早稲田大学建学の精神を高揚し、会員相互の親睦をはかり、かつ会員相互の研鑽を積むことを目的とする。

(事 業)

第3章 本会は前条に規定する目的達成のため下記の事業を行う。

    1.会員相互の親睦に関する事業

    2.会員のための研修会開催に関する事業

    3.機関誌発行に関する事業

    4.その他本会の目的を達成するための事業

 

第2章 会  員

(会 員)

第4条 本会は、岡山市及びその周辺に居住する次の会員をもって組織する。

    1.早稲田大学卒業

    2.早稲田大学大学院修了者及び専攻科修了者

    3.推選校友

(推選校友)

第5条 推選校友とは、早稲田大学校友として推選するに足る人物で、役員会にて承認を受けた者を言う。 

(入 会)

第6条 会員として入会しようとする者は所定の手続きを経て、役員会の承認を得なければならない。

(会 費)

第7条 本会の会費は年間3,000円とし、毎年3月までに納付しなければならない。なお、入会時に入会金として、3,000円を 納付しなければならない。

(資格の喪失)

第8章 会員は、次の事由により資格を喪失する。

    1.退会

    2.死亡

    3.除名

    4.会費の2期滞納

(退 会)

第9章 会員が退会しようとするときは、その旨書面をもって会長に届出しなければならない。

(除 名)

第10章 会員にして本会の名誉を毅損すると認められる者は、役員会の議決を得てこれを除名することができる。

 

第3章 役  員

(役 員)

第11条 当会に次の役員を置く。

    1.会長 1名

    2.副会長 2名以内

    3.幹事長 1名

    4.幹事 20名以内

    5.会計監査 2名以内

(役員の選任及び任期)

第12条 役員は総会に於て選任し、その任期は就任後第2回目の定時総会の終結の時までとする。但し、再任を妨げない。

 2.補欠または増員により選任された役員の任期は他の任期の残存期間と同一とする。

(役員の職務)

第13章 会長は本会を代表し、会の事務を統轄する。

 2.副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代理し、会長が欠員のときはその職務を行う。 

 3.幹事長及び幹事は会長及び副会長を補佐し、会長及び副会長に事故あるときはその職務を代理し、会長及び副会長が欠員のときはその職務を行う。

 4.会計監査は会の資産及び会計の状況を監査する。

 5.幹事の役職は、役員会に於て決定する。

(役員会及び委員会)

第14章 役員会は会長、副会長、幹事長、幹事をもって構成し、会長がこれを召集する。議決の要件は出席役員の過半数で議決する。ただし、可否同数のときは議長が決する。

 2.会長は役員会の決議により委員会を設けることができる。

第4章 総  会

(総 会)

第15条 本会の総会は定時総会と臨時総会とし、定時総会は毎年6月に開催し、臨時総会は必要に応じ、会長がこれを招集する。

(総会の議決事項)

第16章 次に掲げる事項は、総会の議決を経なければならない。

   1.収支決算事項

   2.会則の制定及び変更事項

   3.役員会に於て総会に付議すべき旨議決した事項

   4.総会に於て審議することを相当と議決した事項

(議決の要件)

第17章 総会の決議は、出席会員の過半数で決する。ただし、可否同数のときは議長が決する。

 2.総会の議長は会長とし、会長に差支えあるときは副会長がこれにあたる。

第5章 会  計

(会計年度)

第18条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終る。

(経 費)

第19章 本会の経費は会費、寄附金、その他の収入をもって充てる。

 2.総会費、その他事業費等に充てるため特別会費を徴収することができる。

 

付  則

 本会の会員もしくは岡山県支部役員に準じる校友の慶弔に関しては、会長の判断により祝電もしくは弔電をおくることができる。

 本会則は平成18年6月17日開催の総会の日より施行する。