会長挨拶

第18代会長 北川あえ

​第2文学部 昭和52年卒業

会長_18.png

 この度、書面による総会の決議により、グリーン早稲田岡山稲門会 令和2年度会長として承認頂きました、北川あえでございます。早稲田大学卒業生各位には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、本来であれば、6月の総会にて皆様のご尊顔を拝しつつ、新会長としてご挨拶をすべきところ、新型コロナウイルス感染拡大の折につき、対面での総会開催を断念致しました。「総会中止からのスタートなのか」というのが、私が会長になって最初に抱いた感情です。

 前会長の任期が6月までなのですが、総会で承認されない限り、私は会長「候補者」の立ち位置でした。ですので、書面での決議が終わるまでは前会長が築かれた体制を維持したまま、シャドウキャビネットのような特殊な方式での活動開始となりました。このまま、影に潜んで「幻の会長」として伝説を残すこともありかな、などとも思っておりました。

 いずれにしても、全てが「初めて」「前代未聞」な状況です。

「コロナ禍」での運営。当会の会長が女性であること、企業の社長ではないこと、加えて高齢であること。すべてが「初めて」なのです。

 当会には、様々な分野でご活躍される逸材が多くいらっしゃる中、僭越ながらこんなに「初めて」だらけの私が会長職を拝命致しますのは、幸甚に尽きるところです。

 改めて自己紹介をさせて頂きます。私は東京学芸大学、早稲田大学第二文学部、岡山大学大学院と大学生を10年させてもらいました。その後、主婦を10年。フランス語講師10年。市議会議員8年。また大学助教を経て、現在は海外人材を日本の企業にご紹介、また国内外の企業間協力のお手伝いをしております。

 さて、今後、当会の会長といたしまして微力ではございますが、当会が先輩諸氏から、​もっと愛され、新しく会員となられる方々にも、より親しみやすい会になるよう、皆様の御支えを頂戴しながら、奮励努力致します。新幹事の体制含め、行く末、お引き立てのほど、どうぞ宜しく願い申し上げます。